学校教員・職員の皆様へ

授業カイゼン | C-Learning

教学部門のための業務改善 主催:株式会社ディスコ キャリタス進学企画部 教育ICT課

授業カイゼン | C-Learning

教学部門における業務は実に多様で、学生対応や事務作業に多くの時間をとられているケースは少なくありません。
しかし時代は変わり、学校でもICTを活用すれば「働き方改革」を実践できる環境が整いつつあります。
これまでの業務が改善されれば、学務の企画や授業改善につながるアクションに時間を割けるようになるでしょう。
こうした状況をふまえ、株式会社ディスコでは今後の学校業務の改善に関して、より実践的な内容でセミナーを開催いたします。

基調講演

「100人100通りの働き方を」

青野 慶久 氏
サイボウズ株式会社 代表取締役 社長
お申込みはコチラ

※学校教員・職員の方が主な対象ですので、
その他の方については、お申込み頂いてもお断りする場合がございます。
恐れ入りますが予めご了承ください。

PROGRAM

※プログラム内容は変更となる場合がございますので、
予めご了承ください。

基調講演

「100人100通りの働き方を」

青野 慶久 氏
サイボウズ株式会社 代表取締役 社長

企業だけでなく、教育機関においても働き方改革が叫ばれるようになりました。
しかし、どう取り組めばよいかわからず、改革が進んでいない組織がまだ多数派です。
サイボウズでは、2005年に離職率が28%に上昇したのをきっかけに、
働き方の多様化に取り組み、離職率を6分の1まで低減させました。
今回はそのポイントについてお話しいたします。

青野 義久 プロフィール

青野 慶久(あおの よしひさ)
1971年生まれ。愛媛県今治市出身。
大阪大学工学部情報システム工学科卒業後、
松下電工(現 パナソニック)を経て、
1997年8月愛媛県松山市でサイボウズを設立。
2005年4月代表取締役社長に就任。
2018年1月代表取締役社長 兼 チームワーク総研所長(現任)
社内のワークスタイル変革を推進し離職率を7分の1に低減するとともに、
3児の父として3度の育児休暇を取得。
また2011年から事業のクラウド化を進め、売り上げの半分を超えるまでに成長。
総務省、厚労省、経産省、内閣府、内閣官房の働き方変革プロジェクトの外部アドバイザーや・CSAJ(一般社団法人コンピュータソフトウェア協会)の副会長を務める。
著書に『ちょいデキ!』(文春新書)、『チームのことだけ、考えた。』(ダイヤモンド社)、・『会社というモンスターが、僕たちを不幸にしているのかもしれない。』(PHP研究所)がある。
・「LMSを活用した業務改革の実践とこれから」
株式会社ネットマン 代表取締役社長 永谷研一氏
・学校事例紹介:
「授業改善アンケートのWEB化と活用例」(東京会場:駒澤大学、大阪会場:近日公開)
「出席情報のリアルタイム取得と学生フォロー」(東京会場:流通経済大学、大阪会場:近日公開)
・「C-Learning、LINE、アプリを活用する業務改善 」
株式会社ディスコ

東京会場 7/8(月)

TRAVEL HUB MIX
千代田区大手町2-6-2
日本ビルヂング1F

■JR東京駅 日本橋口
■東京メトロ 大手町駅 B8a出口
■東京メトロ 日本橋駅 A1出口
■東京メトロ 三越前駅 B2出口

大阪会場 7/12(金)

ハービスHALL
北区梅田2-5-25
ハービスOSAKA B2F

■阪神梅田駅(西改札)より徒歩6分
■地下鉄四つ橋線西梅田駅(北改札)より徒歩6分
■JR大阪駅(桜橋口)より徒歩7分
■JR東西線北新地駅(西改札)より徒歩10分
■地下鉄御堂筋線梅田駅(南改札)より徒歩10分
■地下鉄谷町線東梅田駅(北改札)より徒歩10分
■阪急梅田駅より徒歩15分

お申込みはコチラ

※学校教員・職員の方が主な対象ですので、
その他の方については、お申込み頂いてもお断りする場合がございます。
恐れ入りますが予めご了承ください。