授業カイゼン

Prev

Next

新着情報

過去のお知らせ

私たちが目指すもの

学生の声を、明日からの授業改善に。
そして、教育の課題発見へとつなげる。

授業評価アンケートを、さらに効果的なFDへと発展させるためのメソッド。長きにわたり教育現場と関わってきた私たちだからこそ、持ち得たノウハウがあります。

もっと詳しく

C-Learningは、大学の講義など教育現場における業務を支援し、教育者と学習者同士の、より豊かでシームレスなコミュニケーションとラーニング環境を実現するツールです。

私たちは2011年、このC-Learningに、業務支援機能である「全学授業評価アンケート」機能を実装、リリースしました。以来、数多くの大学で、マークシート型だった授業評価アンケートをWEB化し、様々な課題を解決してきました。

一般的にWEBアンケートのメリットは、「スピード」と「低コスト」だと言われています。しかし一方で、「設定や操作が難しそう」「スマホを持たない学生もいる」といった声から導入に至っていない現場も少なくありません。
また、WEB化しても、「回答率が下がった」「回答データを活かせていない」など、新たな課題に直面されています。

C-Learningの最大の特徴は、

●スマホ・タブレット・PCへのマルチ対応
●各学生の履修情報を反映
●事務局からのメール配信や教員コメントの入力など、双方向機能を搭載

であり、これらによって、導入のためのほとんどの課題が解決されています。

そして何より、私たち担当者が様々な課題解決のためのプランニングから、導入に向けた学内説明会やデモンストレーションまで行い、加えて、アンケート前の環境整備や広報活動、実施後の集計・分析まで幅広く支援させて頂くことで、スムーズなアンケート実施とデータの有効活用を実現しています。

私たちが目指すのは、単なるC-Learningの普及ではありません。
C-Learningを活用することで、一人でも多くの学生から声を集め、そこから課題を見出し、一日でも早く授業改善へとつなげる。
そして、皆様と改善や工夫を重ねながら、授業評価アンケートをさらに効果的なFDへと発展させることーーー

長きにわたり教育現場と関わってきた私たちだからこそ、実現できることがあります。

  • 抱えておられる課題を
    お聞かせください。

  • 質問会や
    デモンストレーションの
    ご要望にも
    対応いたします。

  • 環境調査や
    学生への告知など、
    事前準備もきめ細かく
    お手伝いします。

  • 結果分析や
    アウトプットこそ、
    私たちの得意分野です。

商品・サービス

ユーザーインタビュー

導入事例

ご利用までのプロセス

1から5までは3~6ヶ月(目安)、システムのご利用はお申込書提出から5営業日で可能です。

FAQ

学生の本音を聞くために、匿名性が担保されたアンケートは取れますか?
できます。C-Learningでは、回答者(学生)を匿名化したアンケートの作成が可能です。
紙(マークシート)からWEBアンケートに変えることで、回収率が下がりませんか?
学生数16,000名の大学様で回答率を維持している実績があり、回収率アップにつながる様々な運用面のアドバイスをさせていただきます。
例えば、紙(マークシート)利用時と同様に、授業中に実施いただくことをお勧めしています。ご利用いただいてる大学様では、10分程度で実施ができ、従来より授業時間の確保につながっているとの声もいただいています。
アンケート未回答者に対して、回答を促すことはできますか?
できます。C-Learningでは、アンケート未回答の学生へのメール送信の機能を実装しています。
スマホやタブレットを持っていない学生には、どうすればよいですか?
紙面で回答してもらい、その内容をデータ化した上で、事務局画面(職員用設定画面)からアップロードするなどの方法があります。
授業改善アンケート以外にも、授業でこのアンケート機能を利用できますか?
できます。各教員がそれぞれの授業でご利用いただけます。

お問い合わせはこちら
cl-support@disc.co.jp